日洋会のあゆみを支えた作家たち

山中清一郎(1912年-2003年)

座像 F100 1991年 遺族蔵
山中清一郎
明治45年(1912年)  大分県宇佐市に生まれる
昭和11年(1936年) 東京美術学校(現・東京芸j靴大学)油絵科を主席卒業
(藤島武二に師事)
光風会展レートン賞を受賞
昭和12年(1937年)  光風会展I氏賞を受賞
昭和17年(1942年) 光風会会員となる
昭和18年(1943年)  小絲源太郎に師事
昭和31年(1956年)  日展特選を受賞
昭和34年(1959年) 長崎県社会文化功労者を表彰
昭和41年(1966年)  日展菊華賞を受賞
光風会評議員となる
昭和43年(1968年) 日展審査員(同1976年、1983年)
昭和44年(1969年) 日展会員
昭和52年(1977年) 長崎大学名誉教授
昭和54年(1979年) 日洋展運営委員
長崎新聞文化章を受章
昭和59年(1984年)  日展評議員
勲三等旭日中綬章を受章
昭和62年(1987年) 新日洋会常任委員
平成15年(2003年) 3月29日 逝去

インデックスに戻る

日洋会を詳しく知る