日洋会のあゆみを支えた作家たち

岡田又三郎(1914年-1984年)

マドモアゼル・ド・パリ P15 1979年 岡田春宣氏蔵
岡田又三郎
大正3年(1914年) 8月2日 東京都に生まれる
昭和13年(1938年) 東京美術学校(現・東京芸術大学)油画科を卒業
岡田三郎助に学ぶ
昭和21年(1946年) 第1回日展「恩師の像(寺内萬治郎)」で岡田賞を受賞
昭和28年(1953年)  第9回日展「教会への道」で特選を受賞
昭和35年~38年
(1960年~1963年)
第5回日展「カダケース(スペイン)」で菊華賞を受賞
パリのル・サロン展にて「砂漠のサンギャン」で銀賞受賞
サロン・ドートンヌの絵画部会員となる
昭和39年(1964年) 第7回日展審査員となる(以降5回)
フランス・アカデミー賞受賞
昭和40年(1965年)  パリのル・サロン展にて「冬の箱根」で金賞受賞
昭和45年(1970年) 第2回新日展「闘牛」で桂華賞を受賞
昭和46年(1971年) 滞欧作品展「大地の詩」で芸術選奨文部大臣賞を受賞 
昭和47年(1972年) 日展評議員となる
昭和51年(1976年) 第7回日展「ともしび」で日本芸術院賞受賞
昭和52年(1977年)  日展理事 日洋展運営委員
昭和59年(1984年) 3月2日 軽井沢にて逝去

インデックスに戻る

日洋会を詳しく知る